FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
デジタルとアナログ
昨日の日経新聞夕刊に出ていた立川談笑さんの記事「ちょっとデジタル」に共鳴する。

彼は今から14,5年前、つまりネット黎明期にHPを開設したという。
ブログ開始は数年前。

そうなのだ。HPを先に始めてしまった人って、ブログにとりかかるのがやや遅くなる傾向がある。
「なかなかいい」、と思っているものがあると、さっと目新しい代替品に食らいつくふんぎりがつかなかったりするのだ。

と、ここでふと心に浮かんだのは、スピードスケートの堀井学さんのこと。
彼の場合、従来のスケート靴で十分速かったから、スラップスケートにすぐにスイッチするのをためらった。
充足感のあるところには、革新の心が芽生えにくい。

まあそんなことよりこの立川さん、ブログとHPを使い分け、それぞれのいい点を指摘している。
ブログは手軽、でも古い情報があとに追いやられる。
HPは手間がかかるけど、情報を厳然と残すには便利。

さらにスケジュール管理は携帯より手帳がいい。情報の保存という点において・・・

古いものを新しいもので上塗りさせることなく現存させるには、やはりマニュアル的なものが向いているのだという。
なるほど。そうかもしれない。

HPの有料契約をMax使って、スペース不足になりつつあるので、HPの方を整理しようと思っている矢先だった。
この記事を読んで、BLOGに全部スイッチするのでなく、やっぱりHPの一部はそのまま残すことにする。
2009.03.13 Fri | Society| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill