FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
宇都宮観光2 :二荒山神社
昨日の続き。
宇都宮にきたら是がひでも足を運びたい食事処がある。
店の名前は「柚」
ここのランチを食べたいがために、昼過ぎに到着する新幹線で宇都宮にきた。
相変わらずコストパフォーマンスの高い、充実のランチ。

ゆっくり食後のコーヒーでも飲みながら、「 ゴールデンスランバー」の続きを読み、のんびりと夕方からの発表会にいけばいいやと思っていたら、
突如真っ黒い雲が空を多い、雪が降り出した。
これは会場であるホテルの方に早めにいっておいたほうがいいかな、と焦り、コーヒーをそそくさと終わらせて店を出る。
結局雪はじきに止み、なーんだ、と肩透かし気味。
それならば、と二荒山神社を見物に。
お正月気分の余韻を感じつつ、あちこち詮索?してまわる。

会場となるホテルへは以前友人の車で行ったことはあったのだけど、距離感が誤算だった。
歩き出したらかなり遠いことに気がついた。
景色も郊外型の店に変わり、歩いている人などいやしない。

遅刻するかと慌てて走り、なんとか40分でホテルに到着。
もしかして3km近くあったのかな。
スタート時間のジャスト5分前に到着し、結果オーライ。

そういえば「柚」の駐車場には、小型車がズラリ、車道にまではみだして止めてあった。
この町では車は必須なのだろう。

===

新年の余韻を感じさせるお参りの長い列

P1480319.jpg

P1480348.jpg

P1480320.jpg

P1480321.jpg

P1480333.jpg

真新しい鳥居

P1480351.jpg
2009.01.11 Sun | 国内探索| 0 track backs,
宇都宮観光1 ・ 音の記憶
宇都宮駅に降り立った。
横断歩道を渡るとき、「ピッポ、ピッポ」という音が鳴る。
あー、宇都宮にきたって感じ。

ジャパンカップでこの地を訪れると、いつもこの音を耳にした。
この音を聞くと、駅前で過去ばったり会った選手たちの顔が浮かぶ。
音の記憶ってやつ。
市内観光中のシモーニ夫妻に会ったのもこの交差点だった。

うちの近所では盲人用音声は「通りゃんせ」なのだ。
「ピッポ、ピッポ」はここ、宇都宮でしか聞かない。

せっかくここまできたのだから、と3時間ほど宇都宮観光をする。
写真は市内の妖精ミュージアム。

P1480316.jpg
2009.01.11 Sun | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill