FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ぐっばいスパンコールやサイケの男子たち
思い切ってジムを変えてよかった。
前のジムがプログラムをハタヨガ中心に切り替えて、パワーヨガがほとんどなくなったのがキッカケだった。
ハタヨガはっきりいってダメ。ドッグのポーズ キライ。

近所のジムって、なんとなくレベルが低そうとか、プログラムが充実してなさそう、というイメージがあったけど、なかなかどうして、前より格段にバラエティーが多い。

ただ、ひとつだけ 残念なこと?が。
前の都会型ジムは、オフィス街だったこともあり、顔ぶれが実にヘテロジニアスだった。
いろーんな人がいた。
繁華街の真っ只中だったから、スナックのママ系も多かったし、そちらの従業員なのか派手系の男性も目立った。

でもさすがにご近所さんばかりの今のジムは、ほんと、ホモジニアス。
ふつうの町の住民系。

もうあれらの光景は見られない:

・ 10万円するスパンコールのレオタードを何着も持っている男子。(アエロビ中、彼の衣装が目に入るとまぶしくて困ったよなー)

・ サイケデリックなピンク、オレンジのレオタードのおじさん。超短いスパッツの上から食い込む系のレオタードをはいていて、クラスの前には鏡の前でずっと腰を振って踊っていた。(でもしゃべるとなかなか気さくだったっけね)

・ ハイレグの今ではもう誰も着ないようなレオタード姿の男子(目のやり場に困った)

・ サウナでママ同士の怒鳴りあいの抗争(おっかなかったので、そのうちサウナは足が遠のいた)

・ 元モデルの某芸能人のママ(もっとお高いジムに行かないのかしら?と友人がつぶやいた)

今のジムはみな近所だったりして面が割れているせいか、きわめて大人しい。都会のど真ん中の匿名性もあるジムのほうが、人間ウォッチングは面白い。
関連記事
2008.08.21 Thu | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill