FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告|
MAROON5 その2
昨日触れたMaroon5、レコード店に最初にチェックしにいったとき、武道館コンサート追加公演決定というチラシを見て、えー来日しているんだ!と思ったら追加公演はわずか1日違いで終わっていた(とはいっても、たとえ追加公演が翌日だったとしても見に行ったとは思えないが)。
で、時々メールをくれる人の中に、そのライブを見に行った人がいた。

MAROON5、実は先日来日してまして、武道館のライブを観覧してきました。

Vo.のアダムはイケメンなんですが、誕生日という事もあってかアイドル張りの声援を受けていました。
彼らの曲はメガヒットとなった前作のアルバムも含め、とても凝ってはいますが洗練された楽曲が多く、ファンクやロックを織り交ぜながらも、とても聴き易くスタイリッシュですよね。

元々テクニックにも定評があるんですが、ライブも『ライブ感』の出し方(崩し方)がとてもイケてました。
ドラムスのリズム、アダムのギターとヴォーカルもとても格好良いアレンジで、周囲の女子はひたすら
『かっこいぃぃぃ!(目がハート)』を連呼してました。

お持ちでなければ1stのアルバムも聴いた事のある曲ばかりなので、買って損はしません。
先代ヴィッツのCMで使われた『Sunday Morning』で、“Come and rest your bones with me
”と言うフレーズがあるのですが、英語でも『骨を休める』という言い回しがあるんですね…

(なまはげ74さんより)


えー rest your bones with me!なんて表現アリ??じゃあ「気骨のある人」なんてのもbonesを使って表現できるのだろうか??!

それから、別途もらった下記のメールを読むにつけ、彼らの曲って、意外に知らぬ間にあちこちで耳にしている可能性高そう・・・

Maroon5いいですよね。ハードロックカフェでの店内テレビで彼らのプロモを初めて見ました。
それはShe will be lovedという歌でした。次に、たまたまラジオから流れてきた曲に耳を奪われ、誰だろうとまわりのスタッフに聞いたら、これまたMaroon5でした。
このラジオから流れてきた曲は、This Love という曲で、わたしは最初に聴いたとき、ジャミロクワイかと思いました(笑)

その後、しばらくしてまたラジオからキャッチーな曲が流れ、これもいいなと思ったら、またまた彼らの曲でタイトルはMakes Me Wonderでした。
どちらかの曲が日本の車メーカーのCMで使われていたとか聞きました。
You Tubeで聴けますので、ぜひお試しください。
どちらもわたしのお気に入りです。

(バナナ魚さんより)

関連記事
スポンサーサイト
2008.03.27 Thu | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。