日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
捨てたもんじゃない紅白歌合戦
午前中に家を出て、夜8時過ぎに帰宅。明日使用する正月用の食器を洗って雑煮の下ごしらえして、珍しく紅白歌合戦を見たりなんかしている。思いのほか結構楽しんでいる。「千の風になって」がこれだけブレークしたことを考えると、紅白の力ってまだ捨てたもんじゃなさそうだし、歌の力もまたすごい。コブクロの蕾やドリカムや、Zardや、とにかくじーんとくる歌が多かった。構成も落ち着いていたし、ちょっと見直してしまった。

それはともかく、今年1年いろいろな方たちに、いろいろな形でお世話になりました。どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2007.12.31 Mon | Private| 0 track backs,
スペインのBLOGが今ひとつなワケ
今スペインで96歳のおばあちゃんのBLOGが人気を博している。(95歳というタイトルだけど、つい先日誕生日を迎えたようだ。)http://amis95.blogspot.com

でも正直、このブログは例外的な部類で、スペインのBLOGって、なんかどうも精彩を欠いている。今年最高だったBLOGトップ5にはこのBLOGのほかに4つエントリーされていたけど、「えっ?これが?」という内容。更新もつれづれだし、コメントも余り入っていないし、内容はあるテーマについてひたすら書いているだけ。

スペイン語の会話体の勉強がしたくてスペインのBLOGをあちこち訪ねてみたんだけど、おもしろいのが全然なくてあきらめた。スペインではBLOGのあり方が、日本とは全然違う。有名新聞サイトのBLOGも盛り下がっている。

どうも、スペインではBLOGは身の回りのつれづれを書いてはいけないような感覚がある。テーマを掲げて、それについて何度も延々と述べる形式ばかり。堅いし長々と書いていて、しかも変わりばえがないからそのうちブロガーも飽きてしまい、途中で放り投げる。

日本みたいに単なる日記として気軽に書こう、という感じのものが見当たらない。

そもそもスペイン人って文字を余り書かない民族にすら思える。自転車選手でここまでBLOGをもっていないのはスペイン人ぐらいじゃないか。見事に誰も持っていない。ドイツ人だったらほとんど漏れなく持っている、漏れなく書いている。

書くのが嫌いな民族性、なるものがあるんだろうか?とにかく面白い読み物がないと、勉強する気になれない、スペイン語。
2007.12.30 Sun | Society| 0 track backs,
フィギュアスケート
げほげほげほ、とものすごい苦しい咳で涙出っ放し状態。昼にランチを食べに行ったイタリアンの店で、大変だった。ところが帰宅したらなんともない。気がついた。気管支がかなりデリケートになっていて食べ物が入ると障害を起こすのだ。

おやつ時に紅茶を飲んだらやはり悲惨。夕食時も一口口に運んだらもうアウト。げほげほげほ。ちょっとアレルギーっぽい症状を起こしているのかな。というわけで、夕食はおでんの具を少しだけ。あとはKobeyaの豆パン(大好物)をちょっとかじって終える。どのみち食欲は全然ない。菌が胃腸にきたらしく、とにかく胃が持たれてしまっている。

まあとりあえず昨日から社会復帰(正確には昨日のみ)。食事以外は日常生活がOKになった。これはめでたい。

で、フィギュアスケート:

● 太田由希奈 - 誰にもまねできない優雅さに圧倒された。スケートはジャンプの難易度だけじゃない、そう心底思った。荒川静香嬢が、「ずっと見ていたいスケーティング」と評していたっけ。同感。

● 沢田亜紀 - 暫く見ないうちに横に大柄になったかな。恩田美栄を彷彿とさせるジャンプ力は健在なるも、柔軟性が高い選手が多いので、スピンやスパイラルの評価点が厳しそう。採点方式も変わり、ジャンプに頼る時代は終わった。ジャンプ以外で頑張ってほしいところ。

● 浅田真央 - SPのときいつもと衣装が違うので、あれ?と思った。いつもだと、ブルーで前の白い模様が鶴の上向きの柄になっているコスチュームだったはず。シーズン途中で変えてきたので、へえと思ったら、悪い流れを断ち切るためのものだったようだ。これが功を奏したと見た。

● 小塚崇彦 - 大人っぽくなって、なんかかっこいいぞ。かなり好みかも。ツーレに、「ねえ、すごく可愛くない?」と同意を求めるが反応なし。

● 安藤美姫 - フリーの演技、鬼気迫るぐらいすごかった。年間を通してみると、好不調の波が惜しい。惨敗のNHK杯ではモロゾフコーチに、「もう見たくない」と言われたというエピソードが新聞に出ていた。見たくないって顔を見たくないんじゃなくて、面倒みたくないっていう意味だね、きっと。

● 村主章枝 - 沢田亜紀のところでジャンプだけでは、、と書いたものの、逆に彼女の場合はジャンプ力が及ばず負けた。表現力はあっても、種類豊富な3回転を飛べないと上位に食い込めないという現実もある。それから、体型も沢田亜紀と対照的なんだけど、華奢すぎるのも、迫力の点でちょっと不利かな。荒川静香ぐらいの肉付きは丁度いい感じで、演技映えがした。

● 中野友加里 - 攻めのフリーよかった。感極まってしまったのもわかるな。ドーナツスピンに入る部分でいつもすごくスムーズ。真央ちゃんですら、導入部はスムーズにはいかない。ドーナツスピン変形版の斜めのクロスもいい。あとは3回転ジャンプの種類が増えれば。

● 高橋大輔 - SPのステップかっこいいなぁ。

2007.12.29 Sat | Sports| 0 track backs,
時効警察
時効警察の主役2人とも、そろってゴールイン、、、か。
2007.12.29 Sat | Private| 0 track backs,
インフルエンザだ
先の週末は39~40度の熱でもまだなんとかなった。徐々に本格的にくたばってきた。昨日は完全にグロッキー。TVを見る気力ももちろん本を読む気力などゼロ。ひたすら寝ていた。体中が痛くて寝ているのも実は辛いのだけど。食欲もなし。

今日は今年最後の忘年会・・・のハズがもちろんスキップだ。大掃除が残っているのが気になって、一箇所だけ小さいところをやってみるが、あとは床の中でTVチャンネルをひたすらザッピング。昨日よりは元気が出てきたみたいだ。

普段なら見ないようなサスペンス番組を見てみたり。(重傷を負った病人に扮している大型女優が病室のベッドの中でびっちり化粧をして、口紅までつけていたのに物言いをつけてみる。すっぴんは無理でもせめて口紅はなしだよなー。)

今回の風邪がタチの悪いものらしいとわかってからというもの、病床の中で自分なりにせっせといろいろ試してみた:

● リンパマッサージ=耳の下をひたすら揉んでみる。でも熱でうかされているときはこれすらやるのがしんどい。

● 酢でうがい=喉から出血。市販のうがい薬じゃ生易しくてとても効く気がしない。喉につけるスプレー型の薬もまったく効果なし。病院にいくにはカラダがしんどい。喉の痛みに耐えかねて酢で殺菌してみる。かなり痛い・・でも効果ありそうでしばしMになってみる。

● レモンティーひたすら飲む=水分補給が大事なのはなにも自転車選手だけじゃない。風邪の菌を一刻も早く押し出すべく。ビタミンCも補給できる。

● 足首まわし=親が心配して電話をかけてきた。「足首を回すとリンパが体中にまわるらしいわよ」という母親の一言で、実践してみる。相変わらずTVでかき集めた情報を娘に受け売りするのが大好きな母親。

● 笑顔は免疫力をアップする!=ホスピタルクラウンとかが活躍している話をよく聞く。笑いはカラダにいいということを実践して証明している。笑おうと努力してみた・・でも笑うのって体力を使うから病人には辛い。喉も痛いから声を出して笑うのはまして無理。でも絶対効果ある!と信じて、ちょっと微笑んでみる。床の中で口角をちょっと上向きにして静かに微笑んでみたりするワタシ。傍から見たら不気味この上なし。

上記のどれかが効果あったかどうかは不明。でも今日こうしてパソコンに向かう気力が出てきたということはどれかが効いたんじゃないかと・・
2007.12.26 Wed | Private| 0 track backs,
sick in bed
ランチして日中コンサートへ行き、昭和記念公園のイルミネーションで締め、、と企んでいたが、すべてキャンセル。昨晩から突如熱が出た。久々にひどい風邪。目が潤んでいるので多分熱は高そう。体の節々が痛い。唯一の収穫は「銀輪の覇者」を読み終えたこと。熱のためからだがきついので一気には読めず。少しずつ睡眠を挟みながら布団の中で読み終える。おもしろかった!でも頭が朦朧として読後感、今は書けない。下記は、日比谷公園のイルミネーションの続き。

christmas1.jpg
christmas2.jpg
2007.12.24 Mon | Private| 0 track backs,
今年のイルミネーションNo.1 日比谷公園
いよいよ今日から日比谷で自立式膜構造ツリーとしては日本一という42メートルのツリーとイルミネーションガーデンのコラボが目玉のイベントが開始。

さっそく途中下車して帰りに寄って来た。そのあとミッドタウンのイルミネーションも見たけど、日比谷に軍配か?

日比谷初のイルミネーションイベントは、こんな感じ。



2007.12.22 Sat | 国内探索| 0 track backs,
今年の大掃除は・・・
11月頃からぼちぼち進める我が家の大掃除。今年はスローペースながら、一部屋は終わっている。丁度10月にこの部屋の作りつけクローゼットの棚がこわれかけたのだ。上に重たいものを乗せすぎて陥没一歩寸前であることに気づいた。仕方ないので、家中のクローゼットの中身を入れ替えた。つまり重いものは全部下に、軽いものだけを上に。ついでにこの部屋だけは本棚も含めて片付けておいたので、一部屋大掃除終了とみなしている。

大掃除の楽しみはなんといってもなくしたものに出会えることと、捨てるものがたくさん出て身軽になった気がすること。今年もなくしたものと再会した。例えばメガネ。作ったもののすぐにどっかへ消えた。エアロビの衣装(色とりどりだからウエアというよりもう衣装)ケースの中に入っていた。でももうなし済んでいるから今更メガネをかける気もしない。0.8はあるので、遠くのものの輪郭ははっきりしないけど、人の判別はできる。

もっとも私の場合、人の顔をおぼえるのが苦手なもんだから、視力の問題よりも、まずは記憶力をつけたほうがよさそう。
2007.12.19 Wed | Private| 0 track backs,
エコノミー症候群か加圧式トレーニングか
12月初旬、ついにロングブーツを出した。ふくらはぎが通過するかどうかはらはらしながら履いてみる。やっぱり・・・相当きつい。2年前に買ったときは余裕があり、昨年はこれ以上ふくらはぎが太くなったらやばそう、という感じ。今年は・・無理やりならなんとか入るてな具合。最近バーベル運動始めたら着実にふくらはぎのお肉が増殖中。

それでもロングブーツ、無理して履いている。ふくらはぎがパンパンで、長時間履いたらエコノミー症候群請け合い。からだによくないかなーと思いながら。電車の中ではこっそりファスナーを2cmほど下げたりして。

でもふと思った。加圧式トレーニングって、この原理じゃなかったっけ?締め付けることで、軽度の運動でも高い負荷同様の効果をあげられる。ブーツを履いて走ったら無料加圧式トレーニングになるのかなぁ、などと思いつつ昨夜は0時過ぎの町を駅から自宅まで走って帰った。

写真は昨日のもの。自転車フィルム上映会と併設でRaphaの即売会があった。
rapha.jpg
関連記事
2007.12.16 Sun | Private| 0 track backs,
2日酔い
金曜日はスペイン料理屋だったので、カバというスペインのスパークリングワインを2杯とベルギービールのシメイビールとやらを半分ほど飲んだ。それだけ?だったのに、宴会途中で猛烈な睡魔が襲ってきた。

ここで寝てはならぬ、と踏ん張ったけど、自分が思う以上にお酒に強くはないらしく、ちょっと愕然。飲むと必ず寝てしまう某上司のことを揶揄できなくなってしまったな。

来週日本酒の専門店で1つ忘年会がある。

去年、おととしも同じ店で、帰りの電車で立てないほどだった。私だけみんなよりも大きさが半分というグラスで飲んで、それでもみんなが制覇する銘柄の2分の1も制覇できなかったというのに。

たまたま酒豪揃いなのかなー。とはいえ全く下戸の人(この連中の中に1名だけいる)と一緒になって、「ウーロン茶で」というのもつまらない。今年はさらにグラスを小さくしてもらったほうがよさそうだな。
2007.12.15 Sat | Private| 0 track backs,
競馬場の風景 Part2
昨日の競馬場の写真。競輪場とのあまりの違いに愕然とした人がいるようなので、さらに11連発。競馬場と競輪場は全く別物・・・ですね。

開催日じゃなければ入場無料なので、家庭サービスやデート目的で使っている人もいたんじゃないかなぁ。室内のスクリーン会場で見ている人たちの様子なんかはごく普通の映画館風景みたいだったしね。

=== 写真11連発 ===
メモリアルステージとある。まるで結婚式場。新郎新婦が立ってもおかしくないよな。(馬の絵さえなければ?・・ いや、キリストは飼い葉桶で生まれたから、不自然ではないかも?)


やっぱり私的にはヴィーナスフォート
keiba2.jpg

使用目的もよくわからない余り意味のなさそうなスペース
keiba3.jpg

突如洞窟、これまた意味不明
keiba4.jpg

おしゃれなベンチも
keiba5.jpg

競馬場・・・ですよこれ本当に
keiba6.jpg

ヒットカフェなるレストラン、結構いい値段だと思ったら、ホテルオークラのレストランだった。
keiba7.jpg

白亜の壁が南フランス風??
keiba8.jpg

総合案内所も立派。ホテルのレセプションです、といってもおかしくない。
keiba9.jpg

コースの写真も載せないとね
keiba10.jpg

これはコースじゃなく、”ただの”正面玄関
keiba11.jpg

2007.12.13 Thu | Travel-England| 0 track backs,
年末
● 先日読んだ「チームバチスタの栄光」が映画化。竹内結子が看護婦役。あの役は美人女優じゃないほうがハマると思うけど、まあ旬な女優さんが抜擢されたという感じかな。「サクリファイス」の映画化てのはないかな。

● 大掃除、クローゼット終了。

● 今日、忘年会の予定がさらに2つ入った。この期に及んで。今年は例年より多いなぁ。もっともいつも1次会でさっさと帰っているけれど。そして今年の特色ともいえるのが開催場所。中華、日本酒専門店、スペイン料理、和食、フレンチ、イタリアン、居酒屋・・偶然なんだけど、食べ物にバリエーションがある。ちょっと嬉しい。

● 最近やっぱり絶対太った。前はよく体調を壊していたので太るってことがなかった気がする。体調がよくなったのは喜ばしい。でもそうはいってもまた今年も医療費どかんと払い続けているから、確定申告の対象だ。

● 忘年会続きでやせたくてもやせる暇なし。忘年会、願わくば昼にやってほしいなぁ。

● 先日英国の雑誌Procyclingに日本の自転車界の記事が出ていると教えてくれた人がいて、記事を好意で読ませてもらった。さらに、別の人からはメールで、同様の情報をもらい、ありがたい話。現在英国のCycle Sportは購読しているけれど、ほかの海外雑誌にまでは食指が動かない。毎月サイスポなど雑誌がどんどんたまる一方なので、これ以上とてもじゃないけど読みきれない。だからチェックできない分の情報をこうやっていただけるのは嬉しい限り。

● 写真は一見ヴィーナスフォートみたいだけど、実は府中競馬場。先日南武線を降りたら競馬場へつながる改札が臨時であいていたので、ちょっとのぞいてきた。競輪場とはえらい違い。娯楽施設っぽい感じだし清潔だし、これならなんとなく遊びに行ってもいい、そんな気にさせる。

2007.12.12 Wed | Private| 0 track backs,
フラガール
ツーレが宴会のビデオを持ち帰った。一緒にフラガールの余興の模様を見る。余興のあと、「恥ずかしがっていない堂々たる様子がよかった」、という評価を部内の女性からもらったらしいんだけど、、、はっきり言って、見ている私が恥ずかしかった。

rokushi.jpg
ところで最近ロクシタンがお気に入り。癒し系のハーブ由来のものを使い始めると、いかにもケミカルな感じがするブランド化粧品はノーサンキューという感じになる。
2007.12.11 Tue | Private| 0 track backs,
ぼったくられた話
玄関の鍵が緩くなった。管理会社に電話して、鍵修繕の店を紹介してもらった。分解して開けて、「まだ2年ぐらい使えます。パッキンも悪くなってないし。今日のところは出張費だけでいいですよ」と言われ5000円とられた。分解したので、少し堅くなった気がした。ところが、よくよくあとで確認したら、まったく手付かずのまま、つまり緩いままだった。

領収書も書いてくれたのでそのときはぼったくりとは思わなかった。そもそも管理会社の紹介だし。でもあとでネットで見たら、出張費は高くても3000円程度のところが多いみたい。管理会社のほうは、別に推薦したわけじゃない、別の家でそこを使ったのを知っていたから言っただけ、という主張だ。

とにかく鍵はどうにかしないといけない。近所の鍵屋さんを呼んだ。出張費はゼロ。分解せずに少しひねっただけで、「バネが切れてますね」。さらに、「今のままだと簡単に手で開けられちゃいますよ」といって実演してくれた。本当だ、手で簡単に錠が引っ込む。こりゃまずい。

その場で見積もってもらい、交換してもらった。最初の鍵屋はなんだったんだろう。あとから来てもらった鍵屋さんによると、「最近そうやって出張費だけとるひどい業者が増えているんですよね」とのこと。

最初から近所の鍵屋さんにしておけばよかったものを、余計なこと(=管理会社に問い合わせる)なんてしてまって、なんか無性になさけない。紹介されたところを鵜呑みにしたのもまずかった。ちゃんと出張費とか比較するという手もあったのに。自分のアホさ加減にげんなりだ。
2007.12.10 Mon | Private| 0 track backs,
昭和記念公園にて
tachikawa.jpg2週間ほど前、昭和記念公園に紅葉を見に行こうと思ってちょっと調べたら、12月8,9日に自転車ロードレースのクリテリウムが開催されると書いてあったため、日にちをずらして本日行くことに。

紅葉は終わっているだろうな、と思った。案の定イチョウは枯れ木。でも落ち葉が風情を与え、遅めの紅葉の木々をめでることができた。

さらに今日は丁度都合がよかった。いつも土日は午前中にジムに行かないと気がすまないのだが、今日はお気に入りのインストラクターが臨時でお休み。ジムに行かずに朝立川に直行できた。

お天気も最高。学生さんたちが小競り合いを展開するのを見ながら散歩。さらに公園内はクリスマスムード一色。
2007.12.09 Sun | 国内探索| 0 track backs,
フラガールの結末
今晩はおやじの町新橋で忘年会。お開きの後親しい人たちとお茶して帰宅。開始が17時だったので楽勝で21時には家に到着。自宅まであと数歩というところで人影が見えた。新聞が入ったビニール袋を抱えている。ツーレみたいだ。声をかけた。男が振り返る。やっぱりツーレだった。

こんなところで何しているのかと思ったら、「これから晩御飯食べに行く」と。15時に麻布あたりで別れたあと、私は新橋へ、彼は美容院に行って、ジムに行き、オイルマッサージをしたらこんな時間になったそうだ。

家のそばで定食でも食べるつもりだったらしいけど、それだったらスーパーでお惣菜を買って、作りおきの大根の煮付けなどをつまみながら家でご飯にしたら?と提案。一緒にスーパーに行き(この時間だと惣菜によっては30%引きのものもあった)、家に戻る。

オイルマッサージの感想を聞いたら、担当の女性に、「オイルの伸びがいいです」って言われたそうだ。そっかー!!!彼は脚を剃毛したから、つるつるなのだ。

でもって先日の彼のフラガール余興はどうだったかというと、大盛況だったそうだ。本部の忘年会だったので出席者人数約200人の前で3つの部が余興をしたけど、「うちの部がNo.1だった」と本人の弁。

フラガールダンサーは、まずひとりひとり最初に挨拶をして登場したのだが、ツーレが「一番嬉々としていた」と翌日みんなに言われたんだとか。まあそうだろうね。夜DVDを見ながら練習しているときも、腰を振りながらなぜだかニコニコしてたもん。ということでツーレのフラガール余興は結果として;

●1 ウケは抜群。恥ずかしがらずにやっていたのが評価された
●2 ただし誰も「キレがよかったですね」みたいな技術評価はしてくれなかった

●3 さらに剃毛はやらなきゃよかったと後悔したみたい。理由は、剃るのが下手で、脚は血だらけになってしまい、逆に見苦しかったみたい。夜脚を見せてもらったら、ほんとなんか血なまぐさい事件に巻き込まれたかのような脚だった。(テレコム時代のアルダグの剃毛ビデオを思い起こすと、彼はバスルームでざくざく無造作に剃っていたけど、血まみれにはなっていなかったのに、なんでツーレはへたくそなんだろう??)

上記●2の技術評価だけど、自分ではうまいと勘違いしていたようだ。私は彼の踊りを見ながら、「コアができてないよ」「ロボットみたい」とか酷評していたのに、「マドカ先生(フラガールに出てくるインストラクター。松雪泰子が演じた。彼は私がそのスパルタコーチのマドカ先生だと決め付けていた)は厳しいけど、ほかの観客はもっと評価してくれると思った」そうだ。

でも、客観的に見てやっぱり下手だということを自覚して、少ししょんぼりしていた。
2007.12.08 Sat | Private| 0 track backs,
ブランド戦略の実態
青山のワールドビルの前を通った。驚いた、えー、あのブランドもワールド?これも??

Kikuchi Takeo、C DE C、Opaque、INDEX、INDIV・・・1Fのガラス張りの向こう側には、それらブランド名とマネキンが壮観なり!

momi12.jpg
momi15.jpg
2007.12.05 Wed | Private| 0 track backs,
書店に異変
近所の本屋さんに異変が起きている。入り口そばの一番目立つ場所にある女性誌のコーナーの半分が削られて、男性誌が並ぶようになった。えー、こんなに種類があったの?いつの間に?メンクラやLEONだけじゃなかったの?てな感じ。

むろん女性誌のほうが種類は多く、正面の棚の脇にさらにズラリといろいろ並んでいて、最後の方に婦人公論が登場し、さらにその後にはクロワッサンなどが並び、その次にはESSEといった家庭雑誌になっていく。

こう見るとやはり女性誌の多さは圧巻なのだけど、それでもやっぱり男性誌の最近の台頭ぶりには驚く。

それからもうひとつ。フリーペーパーがだんだんフリーペーパーの域を脱しつつある。先日No.1が出たLu*jo!は地下鉄の広告に出ていたので、かなり期待していた。(そもそもフリペで地下鉄の広告に登場てのもすごいことだわ)

初日にさっそく街頭で配っていたのでゲット。表紙はOGGIのモデルのヨンアだ。中身もヨンアがポーズをとっている。OGGIは680円、こっちは無料。とはいえ、さすがにLu*jo!はレストラン情報中心。これで洋服までやりだしたら、OGGIもあがったりになる。

全270ページ。これでフリペというから驚く。もっともこれ、レッドペッパーの姉妹紙らしい。レッドペッパーは最近ではもう手にしないけど、こっちのほうは紙質のよさが魅力。フリペの勢いが止まらない。

写真は青山にあるAvexビル
momi11.jpg
2007.12.04 Tue | Private| 0 track backs,
短縮形
先日のブレインストームがブレストになるという話じゃないけど、短縮形を使いすぎていろいろ弊害がある今日この頃。

時に取引先のアメリカ人にこの傾向が強く、なんでもかんでも(彼らの社内でしか通用しない)短縮形にしてしまい、同音語のオンパレードで、「今度はどっちの意味?」みたいに確認しないといけない。

例えば、HWの話をしているので、危険物廃棄物 Hazardous Wasteの話だと思っていたら、いつの間にか途中でHot Waterの話になっていた、、、みたいな。長ったらしい単語を言うのを嫌う風潮があるみたいだけど、逆に誤解を招いたりして、非合理的な感じがなくもない。

写真は外苑(最初の1枚)と有栖川公園。外苑のイチョウは例年通り真黄色という気がしましたが?

momi8.jpg

momi4.jpg

momi3.jpg

momi2.jpg
2007.12.03 Mon | Society| 0 track backs,
紅葉狩り
土日は紅葉狩り。といっても郊外には行かず。今回は自然のままの場所を中心に。小石川公園、六義園といった公共の公園もいいけれど、通りがかりの神社の紅葉など、ちょいと地味目な場所を選んでみた。昨日の花◎は有栖川公園。紅葉の時期に行ったのは初めてだったけど、こんなに綺麗だったとは。今日は恒例の神宮外苑など。まだ路上にイチョウの落ち葉はほとんどなくて、丁度いい見ごろだったような感じ。下記は有栖川と神宮外苑以外のもみじ。

momi9.jpg
青学
momi13.jpg
通りがかり
momi10.jpg
通りがかり
momi7.jpg
広尾のお寺
momi5.jpg
広尾のお寺
momi6.jpg
広尾のお寺
momi14.jpg
広尾のお寺
2007.12.02 Sun | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill