FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スイスのレース観戦はお財布が痛いよ、と生真面目なスイス人
チューリッヒ選手権、ツール・ド・スイス、ツール・ド・ロマンディとスイス開催のプロツアーロードレースはいくつかあるものの、スイスのレースは覚悟した方がいい。

物価が高い。ホテルと食事。ローザンヌに泊まったときが一番ひどかった。近くには高級時計店とかしかない。食事を気軽にできるところがない。周囲にはマクドナルドとシシカバブの店だけ。紹介された中華料理店はどれも単品2000円以上だし。。

ホテルも高い。朝食付きはいいが、チーズハムばかりなので、もう動物性食品漬けの日々。魚が食べたい、、たまには。。

そこへいくと、チューリッヒは駅構内にノルト・ゼー Nord Seeがある。海産物のチェーン店。店内でパエリヤが1500円ぐらいで食べれるので、チューリッヒでは、もっぱらこの店でパエリヤとスモークサーモンサラダを交互に食べていた。

市内の中華料理店でチャーハンが2000円だったのには辟易した。

ところで、スイスの急行列車は改札が必ずきて、チケットを検査していた。しかし、Sバーンの場合、検札省略のことが多い。でも、たまに車掌が一斉にチケットを確認する。スイス在住の日本人の話だと、「でも地元の人は生真面目に必ずチケットを買っているのよね」と。

罰金があるので、検札の際、チケットを持っていないとまずいことになる。私はSバーンで切符を折角買ったのに毎回検札がこなくてがっかり??していたが、最終日に検札に遭遇。得意げに切符と支払いレシートまで見せた。

車掌さん、笑って「それまでは見せなくていいんだよ」みたいなことを言っていた(と思われる。)
ちなみに外国人旅行客ほどズルをしがちだという証言を聞いた。検札がこなかったら買って損した、なんて思っちゃいけないのだ。
"shw-greenwood" template design by Shallwill