日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
サンタ・サビーナ教会の木製扉の絵を読み解く
作家の辻邦生さんの遺品、遺稿の数々が、
今学習院大学に収められている。

作家活動をされながらも同大学で教鞭をとられた辻さん。
これらの遺品は寄贈品というかたちで大学が譲り受けたようだ。


そんなわけで定期的に学習院大史料館では
辻邦生氏の展覧会が開催されている。

大規模ではないけれど、
作家が構想を得てそれを文字に移すための綿密な
計画帖とでも言うべきものや
行く先々での日記などであふれている。

それらはいずれも細密な文字でぎっしり埋められていて、
気の遠くなるような丹念な準備を経て、
膨大な覚書が作品へと結実していくさまが浮かび上がる。


これまで史料館には何度か足を運んだのだけれど、
先日の展覧会では、妻佐保子さんに関する資料も並んでいた。
氏に多大な影響を与えたことがうかがわれる。


佐保子さんは東大で西洋美術を学ばれ、
イタリア美術方面などで活躍している名だたる学者さんを
指導したこともあるほどの人物だ。


彼女のことを調べるうちに、いくつもの著書があり、
但しそれらは小説ではなく研究論文の類がメインで、
中央公論社からは
『ローマ サンタ・サビーナ教会木彫扉の研究』という
調査報告が出版されていることを知った。


ローマ サンタ・サビーナ教会の木彫扉!
2013年のローマ旅行の折りに私が一心不乱にその意味を読み解こうとした
あの木彫扉について、佐保子さんが研究されていたのだ。


P1340106.jpg


4万円もするその本を買うのは無理にしても、
図書館で読んでみたい、そう思ったらいても立ってもいられず、
都立中央図書館で資料請求をして手にした。


ずっしりと重い巨大な本だった。

このサンタ・サビーナ教会はローマにあってちょっと異色の教会だ。

古代ローマ時代でもなく、ルネサンス時代でもない。
その中間ともいえる初期キリスト教の建物なのだ。

古代遺跡に食傷気味になったとき、
ちょっと気分転換するのにちょうどいい。


この木彫扉の浮彫は明らかに聖書のシーンを再現している。
聖書の順番通りではないため絵を読み解くのは一苦労なのだけど、
例えばこの図柄、キリストの道行きなどは
一目瞭然。

拿捕されて十字架を手に連行される様子が描かれる。


P1340111.jpg 


こちらも連行されるキリストだ。

P1340112.jpg 


その他、東方三博士の図はわかりやすかった。
しかしその他の図は、よくわからない。

特に上方は暗くて降参だった。
けれどこのほど佐保子さんのご著書を読んで、なるほど、と理解した。

例えばこちらはモーセの召命。

上の段が神から巻物を受け取るモーセ、
サンダルを脱ぐモーセ。
羊飼いとしてのモーセ。

P1340113.jpg 


モーセと羊を描く図柄は、ラヴェンナの同時期の
モザイクなどでも見られるという。

私がかつて見たサンヴィターレ教会のモザイクにも、
モーセ+羊のモチーフが描かれている、
そんな一文を見つけ、旅行時の写真を改めて見てみた。

ああ、あった、これだ。
こちらの右側に

P1a670764.jpg 

羊とモーセ。
クーポラの絵の方をメインに撮った写真なので
隅っこに追いやられている。

もっときちんと写真に収めたかった。残念。

P1670764.jpg



木彫扉に戻って、こちらはエリアの昇天。
マリアではなくエリア。
天をめざす女性がいきいきと描かれる。

P1340114.jpg 


同書では、木彫の物語を読み解くだけでなく、
イタリア国内の他の制作例との比較を試みるなど
膨大な研究が基礎になっている。

修復箇所の特定や、
アットランダムになっているパネルの位置に関する
考察も含まれている。

500ページ以上の力作だ。
私は飛ばし読みしたに過ぎないのだけど、
あの時見たあの木製扉を考察した日本人がいた、
しかも心酔する辻邦生さんの奥様が、、

そんな事実に、ちょっと自分で酔いしれている。


P1340116.jpg 
2017.08.15 Tue | Private| 0 track backs,
読書はかどる・胃腸がだめだめの後少し上向き・乱高下中の血圧はいい感じ
頭痛は午前中には収まった。
ただ、鼻風邪症状は元の木阿弥状態で、
これまで以上に胃腸の調子がだめだめだ。

昨日とは打って変わって食欲なし、
なんとなく胃が張っていて、
かすかに痛みもある。

じっと読書をしたり、ミステリードラマを見るなどして過ごしたのだけど、
それはそれで体に悪そうというわけで、
夕方、散歩へ。


歩き出したら気持ちが悪い、
というか胃のすわりが悪い感じ。

冴えない面持ちでちょっとふらつきながらも遠出をして、
デパ地下で買った果物を夫に持ち帰ってもらい、
私はそこからジムへ。

といっても動く気はしないので、シャワーを浴びるだけ。
結構歩いたので気持ちがいい。
なによりここのシャワーヘッドは巨大で、爽快なのだ。

20㎝x20㎝ぐらいの固定型滝シャワーもある。
水分補給をして、温まったら、
胃腸の調子が心なしかよくなった。

帰宅後に、血圧測定。
101上・60下。

いい感じなのだけど、
でもこれがなぁ、私の場合乱高下なのだ。

ここ1週間で4回測定し、135上・80近辺のかなり高めの数値が2回。
かと思えば98上・57が1回。そして今回の数値。

いつも大体同じ時間に測っている。
結構高めの130超というのは、寝込んでいたせいかな。



2017.08.14 Mon | Private| 0 track backs,
一進一退で、今日は退の日
風邪、リニアによくならないのが私。

起きたら鼻かぜ悪化。と頭痛。

半袖で寝たら冷えてしまった。
今日は涼しかったのでクーラーはつけなかったのだけど。

身体が重いので、とりあえず、じっと読書でもすることに。

2017.08.13 Sun | Private| 0 track backs,
1時間散歩でリハビリ
熱も下がり、食欲も大体元に戻り、
リハビリに散歩に出かけた。

しかし5分で息切れ。
少しだけ上り坂だった。

先が思いやられるなぁ、と思いつつも
平坦になったらなんとか足運びもスムーズになる。

片道20分のファッションビルに行き、
地下の食品コーナーで果物を買った後、迂回して戻ってきた。


これっぽっちの散歩だというのには早歩きができない。
かなりのスローペースでなんとか帰宅。

体力が落ちるこの速さ・怖さ。
ジムのトレーニング系プログラムに戻るには、少々時間がかかりそう。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
ハイテンションな朝
結局、風邪の初期症状に戻っただけなんだけど、
寝込むしかなかった苦しい3日を経て、
幸せレベルが引きさがってるから
妙にハイテンションな私。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
お腹が空いた!
病気で何がつらいって、床づれだ。
以前入院した時もそうだった。

からだがゴワゴワ。
想像以上にこれがこたえる。

ただ、嬉しいことに今朝は空腹感を覚え、
起き出してせっせとゼリーとロールケーキを
口にした。

喉の違和感は残っているしまだだるいけど、
でも力が湧いてきた気がする。
嬉しい。

幸せ度のハードルがどんどん下がっている。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
風邪悪化
丸々2日寝ても悪化する風邪って一体?

熱は38度台からは脱出したものの、
逆に頭痛とだるさと食欲減退が襲ってきた。

昨日まで胃腸はOKだったのだけど、
食べられなくなり、飴でしのいでいる。

情けないなぁ。

2017.08.11 Fri | Private| 0 track backs,
夏風邪でダウン
8月9,10,11と夏休みで中国四国地方に行く予定だった。
でも直前でキャンセルした。

天気予報が35度で、炎天下を歩くのはためらわれたので。

キャンセルして正解だった。
どのみち行くことは叶わなかった。

夏風邪でダウンしたのだ。
ふがいない。
春先も長期ダウンしたばかり。

気温37度の東京。
熱は38度以上。
寒気がする。
クーラーをつけたら風が悪化しそうでつけられない。

結果、クーラーをつけず、暑い室内でひたすら寝た。

熱中症がこわくて一応水分はこまめにとった。

普通ならあんな暑い室内で寝るなんて無理だけど、
悪寒のせいか、それほど暑さを感じない。

こんなときに風邪なんて初めて。
多分、歯列矯正がいけないのでは、と思う。

器具を手で外すときに、ばい菌が侵入しやすい。

手はきれいに洗うようにしているけど、
先日歯医者の待合室でいつも絶対手に取らない雑誌を手に取ってしまった。
待ち時間が結構あったので。

で、診察室内に案内されるとき、手を洗うのを失念。
器具の取り外しを行い、口の中に何度となく手を入れた。

思えばあの時、菌が入ったかな、などと後悔している。
2017.08.10 Thu | Private| 0 track backs,
Expediaが止まらない
某ホテル価格比較サイトで一番安かったからと
Expedia経由で宿泊予約をしたけどトリックがわかり
すぐにキャンセルした、というあの件。

まいったなぁ、という状況になっている。
予約したホテルの価格が少しでも下がるたびに
メールでお知らせが来る。

配信停止はこちらから、
と書かれているのですぐにそれをしたものの、
10分とあかないうちにまた同様のお知らせが。

配信停止の指示とのタイムラグのせいかと思っていたら
結局難度配信停止をしても、しつこく案内が来ることが判明。

会員自体を取りやめようとネットで調べたら、
できそうでできないようになっているとのこと。

予約したのにホテルが確保できていなかった、★
満室なのに予約できるようになっている、★
(友人のケースだけど)朝食付きと謳われて行ったら付いていなかった
(交渉してもだめ)
などなど、かつて問題があって懲りたけど、
時間も経ったので、もう大丈夫かと思って油断した。

そもそも配信停止とかになると
急に指示が英語になる点もいやらしい。


上記★の事案がおきたのはずいぶん前の事。
あのときはExpediaの会員制度はなかったので
しつこくセールスDMがくることはなかったけど、
最近は予約を入れた途端、自動的に会員になり、
セールスの呪縛から逃れられなくなる模様。

懲りた、懲りた。

2017.08.09 Wed | Private| 0 track backs,
邸宅巡り お気に入りの場所: 青淵文庫
 渋沢栄一の青淵文庫で室内コンサート

飛鳥山公園の緑に抱かれて、
静かに佇む青淵文庫。

青淵文庫とは、渋沢栄一氏の80歳+子爵への昇格を祝って
財団が氏に寄贈した書庫兼接待場所だ。

ステンドグラスが美しく、
細部の浮彫や着色などもさりげなく素敵。

外から見ると沈んだ色なのでよくわからないけど、
窓上部の4つの模様がステンドグラスだ。

棕櫚の木など、南国風。


IMG_7455.jpg


ステンドグラスを内部から眺める。
幾何学的な草花模様に見えるけど、実は動物が隠されている。

IMG_7428.jpg 


右側には上り竜。
ちょっと竜の表情は見にくいけれど---

sP1880441.jpg


左側の下り竜の方は表情がよく見える。
2本の角と、口元には歯が覗いている。

 sP1880440.jpg 


じゅうたんには家紋や

IMG_7426.jpg 


恐らくコウモリ=蝙蝠の絵柄。
カステラの福砂屋同様、吉祥の意味を込めたものだろう。


P1880437.jpg


数週間前の週末、ここで室内コンサートが開かれた。

IMG_7416.jpg 


コンサート開始直前に到着したため、最前列の席しか空いておらず、
1mの距離でバイオリンの音色を聞くことになった。

すごい、迫力。
なんとものびやかで、つややかで、
心に食い込んでくるような力強さだ。


演奏は、新日本フィルハーモニー交響楽団の方たち。

ヴァイオリンx2、ヴィオラ、チェロ、コントラバスで、
演目は:
・モーツァルト ディvセルティメントK136、
・ヴェルディ「ドン・カルロ」より「ひとり寂しく眠ろう」
・ムソルグスキー「禿山の一夜」
・シュトラウス「美しく青きドナウ」

馴染みのある曲ばかりで、身をゆだねやすい。

かつて渋沢栄一氏の書で満たされていたという青淵文庫。
(今は漢籍などの所蔵書は都立図書館に寄贈)


往時の面影をとどめ、
時を閉じ込めた静謐な空間で聞くクラシックはまた格別なり。

2017.08.05 Sat | Private| 0 track backs,
某テレビ番組で抹殺された人
昨日見たテレビ番組で、あれこれ思うことがあった。

その番組は、芸能人の昔の同学年の友人が
年月を経て今どうなっているかといった変貌ぶり、を見せるもの。

いわゆるご対面番組とは違い、必ずしも心底会いたい人である必要はなく
アルバムを見ながら「この子、昔は変わってたな」、
などという芸能人のコメントをもとに、
スタッフが”その後”を追求し、面白いネタを探し出してくるのだ。


昨日出ていたのは、とある大物演歌歌手の元クラスメートで
今や世界をときめくドクターという人物。

その人の専門はいわゆる整形の分野。
特にアーティストにとって生命線である”手”の救世主としては第一人者で、
これまで数々の芸術家たちを救ってきた。


そこまで聞いて、あれ?もしかして、
と思った。

世界的にその分野で有名なドクターといえば・・・
聞いた話である。

さらにその人の出身がKO大学と聞き、
私の中では決定になった。

やがてその人が務める施設の名前が出て、
もうとどめ、である。


そのドクターは、世界的に高名な音楽家であり
美人奏者としても名を馳せた S内A子さんの
Exハズバンドだ。

略奪で結ばれた後、離縁に至り、係争で大いにもめたというこの2人。

でも番組では、そこは完全抹殺。

前の結婚でできた御曹司おふたりが写真で登場し、
父と同じ学歴で、同じ道を歩みつつある旨
紹介された。


上澄みをすくい上げたこの構成は当たり前と言えば当たり前だけど、
報道の仕方でこうも人物像って変わるものかという現実を
改めてつきつけた。

もしもあの騒動(離縁に至った経緯)がなく、
今も婚姻生活が続いていれば、
「あの美人芸術家の夫」として、いっそう華々しく紹介された
ことだろう。


この一件を知っている人が見れば、あれ、と思う内容だったけど、
それでも登場させたテレビ局。

あの知名度の高い芸能人のご学友が、これまたものすごい人になっていた、
このストーリーは見過ごすわけにはいかず、
相当頼み込んでの出演だったのかな、

、、などなど、芸能通だった昔にもどって
興味津々で番組を眺めたのだった。
2017.08.03 Thu | Private| 0 track backs,
トリバゴとエクスペディアがダメだった話
翌朝追記)トリバゴが楽天トラベルの値段を不当に高くしているわけ(以下の通り)
がわかった。口コミではあまり話題にされていないけど、
トリバゴはエクスペディアの親会社だった。


-------

1)トリバゴの罠


夏休み用に国内のホテルの予約をした。
普通にRakutenトラベルで。
なんとなくRakutenならハズレはないだろうし
ポイントもたまるし、とあまり考えずに。

予約後、そのホテルの情報を得ようと検索したら
トリバゴの文字が見えた。
最近評判のホテルなどの料金比較サイトである。
試しにそのホテルの料金比較をトリバゴでしてみた。
私が楽天で予約したのと同じ宿泊日で。

すると、Rakutenよりエクスペディアの方が1000円安いと出た。

それならば、と予約変更。
Rakutenの方はさっさとキャンセル。
ところが、予約してみて「罠」に気づいた。
Rakutenもエクスペディアもほとんど料金は同じだったのだ。
エクスペディアの方が数十円だけ安いだけ。

実は、トリバゴの表示は、Rakutenが税込み、
エクスペディアの方が税抜きで表示されていたのだ。

具体的に言うと)
トリバゴのホテル代比較の表示は以下:
エクスペディア 9980円
Rakuten 10800円

私が最初にRakutenで予約した額は確かに上記の通りだった。
10800円・税込みだ。
だからこのトリバゴの値段は合っている。
それを知っていたので、てっきりエクスペディアも税込みだと思い込んだ。

ところが、エクスペディアについてはトリバゴの表示は税抜きで、
結局税込みにすると10780円。ほぼ同じ。
ひどいトリックだ。

エクスペディアとトリバゴがなにやら協定を結んだ結果なのか?
(8/2追記:これは何も知らずに書いたコメントだったが
上述のとおりエクスペディアはトリバゴの親会社だったと知った。★)


さらに、別の地方都市の宿(Rakuteで予約済)をトリバゴで見ようとしたら
出てこない。
ホテル名を正確に入れたらやっと出てきたものの、評価なしで比較もなし。

つまり、その宿はトリバゴからは事実上の除外。
Rakutenでいい評価が出ているホテルだったのに。
トリバゴってRakutenがやや不利になるようになっているのだろうか?(★)


で、この話のオチはというと:
Rakutenの予約をエクスペディア予約の際に取り消してしまい、
エクスペディアの金額がトリックだということに気づいてなんとなく嫌になり、
ホテルの公式サイトを見ていたら、それが一番安かった・・
というオチ。

昔、宇都宮の自転車レースを見た時に会員になっておいたホテルがあり、
もう10年近く前の事なのにその会員番号がまだ有効で、
会員特別料金が適用されたのだ。

災い転じて・・・といったところ。



2)エクスペディアで参った例


実は今回エクスペディアの方で予約しようとしたとき
嫌な予感はしていたのだ。
過去にひどい目に合っている。


スイスのホテルに行ったら、予約は受けたが
その後にキャンセルされていて部屋はない、と言われた。
でもそんなはずはない。
予約してすぐに渡欧して、その予約サイトには一切触っていないのだから。

なんとか粘って交渉して、予備の部屋をあてがってもらって事なきを得たけど
結構な時間のロスだった。


で、気が付いた。
エクスペディアでは、他のサイトですべて満室とされているホテルでも
空室ありになっている。
つまり、架空の予約ができてしまうのだ。

その後もツール・ド・フランスで込み合う都市で検索したとき、
ホテル全部が関係者によって抑えられているホテルでも、
エクスペディアのサイトにだけは、空き室は十分あり、と出ている。
きっと現地に行ったら、キャンセルされていますよ、で終わりなのだ。


さらに知り合いは、朝食込みになっていて予約したのに
現地に行ったらなしだったそう。
金額はむろん変わらない。
クレームは聞き入れられなかったそうだ。

私のトラブルはもう10年以上前のことだけど、
知人の例はつい最近。
改善されていないらしい。


2017.08.02 Wed | Private| 0 track backs,
壇蜜さんの宮城県PR動画の是非
世間で騒がれているくだんの動画を見た。
壇蜜さんが出ている宮城県PR動画だ。


センシュアルで不適切、という批判が出ていると聞き、
どんなものかと思ったけど、気が抜けた。

これだけのことでてんやわんやになっているのかぁ。


多分、現代アートに親しんでいる人たちなら、
これ程度のことを問題視することもないだろう。

アートの表現方法はずいぶん多様化している。

20世紀初頭、かのマルセル・デュシャンは”レディメード”と呼ばれる
一連の作品群を発表。
既製品のトイレをアートと称して恭しく展示して世間の度肝を抜いたものの、
それでブーイングがおこったどころか、彼は美術界の寵児になった。

モナリザにヒゲを入れて発表したのもデュシャンだ。


今回のCMを批判している人たちは、
1世紀前にデュシャンがやりのけたことを見たら
”冒涜”と言って腰を抜かしたことだろう。

1世紀前のフランス人の方が鷹揚だったということだろうか?


現代アートは、その後どんどん分化して、
もういまや なんでもありになっている。


公的な美術館ですら開放的。
”丸出し”の人物の達の肖像写真展
(注意書きの上、そのコーナーは隔絶するなど配慮はしたらしいが)や、
春画のみの展覧会も昨今開催されている。


表現の世界は自由になっている。


・・・とはいえ、こういうCMに文句を言う人がいることは想像できる。

実際上述の”丸出し”写真展には鑑賞者からクレームが来たそうだ。

あちこちに、注意書きを貼って、不快に思う方は見ないように
といった配慮がなされていたにもかかわらず。

さらに事前に市長さんの許可まで得ていたにもかかわらず。

常日頃 村上隆さんの五百羅漢図や、
会田誠さんの女子高生を描いた作品などに
親しんでいたら、もっと鷹揚になれるはず。



2017.07.31 Mon | Private| 0 track backs,
目白のル・モンサミシェル
目白でランチ、さてどこにしよう。。。
選んだのはガレットの店ル・モンサミシェル。

フランス人の方がオーナーのようで、
給仕係りの方のひとりもフランス人。
味は本格的だった。

前菜+メインのセットをチョイス。
夫はあれこれ混ざったリッチなサラダ。


IMG_7297.jpg


私はガスパチョ。
カルパッチョが入っていた。

フランス料理点といった感じ。

IMG_5901.jpg


メインのガレット、夫はトマト、私はサーモン。

食べ応えがあって、途中でギブアップしそうになるほど。
見た目よりもボリュームがある。


IMG_5905.jpg


ガレットの店はいろいろあるけれど、
ここは本物だ。


IMG_7306.jpg


前菜+メインで1500円ちょっとだったかな。
丁寧なつくりで納得の味。

JR目白駅からも近く、使い勝手がいい。
ランチでも予約OKだった。

2017.07.30 Sun | Private| 0 track backs,
屏風とあそぶ : 松林図屏風編
最近美術館もさまざまな趣向を凝らしている。

特に東京国立博物館は、
早いうちからプロジェクションマッピングを積極的に取り入れるなど
国立のわりにコンサバな感じではない。


今は長谷川等伯筆 国宝の 松林図屏風 の精緻な模造品
+プロジェクションマッピングを用いた。
びょうぶとあそぼうという企画を行っている。

屏風と同じ松林が次々現れ、
まるで松林の中を走っている間隔。

IMG_5058.jpg 


四季折々の景色も人がる。

IMG_5042.jpg 


桜の花びらが、ひらりひらりと落ちる様子など、
屏風の絵から離れて独創的な世界へと発展する。


IMG_5034.jpg 


屏風の手前はお座敷になっていて、
靴を脱いで畳の上に上がってもOK。


IMG_5025.jpg 


こんな感じで大画面の風景を
からだじゅうで体感できる。


IMG_5014_20170727225831f19.jpg 



外国人観光客などは渋い国宝を見ても、
ピンとこないと思うのだけど、
こういう映像の力を借りると親しみやすくなる。


遊び感覚で人目を引く手法は余り好きではないけれど、
墨絵の屏風などは決して敷居の高いものではない
と国外の人にアピールするにはいい企画と思われた。


墨の濃淡や滲みで湿潤な空気感が表現されている、
そんなわびさびの心が伝わるかどうかは疑問ながら、
一見地味な松林の風景も、日本の四季にはしっくりなじんだ
光景なのだ、と感じてもらえそう。

2017.07.27 Thu | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill