日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
大エルミタージュ展 <感想>と<エルミタージュの意味>
エルミタージュ美術館Hermitage Museumといえば
ロシア サンクトペテルブルクが誇る美の殿堂。


とはいえなかなか行ける場所ではなく、
ひっそりとお宝が眠る、どこか秘密めいた香りがする場所だ。

実際、エルミタージュという言葉が
フランス語で「隠家」を意味する、などと言われているため、
なおいっそう妖しげなイメージがある。


ただ詳しく述べれば、Hermitage Museumの
Hermitageなる単語は、フランス語にはなく、
英語で隠遁者(の住む場所)と意味ことだ。

フランス語では、HなしのErmitageと綴り、
これで修道院とか人里離れた場所を指す。

語源的にはギリシャ語・ラテン語発で
eremita, ἐρημίτης, erêmítês,  ἔρημος, erêmosといった語の系列。 
見捨てられた、などといった意味。


そんな隠家からはるばる来日を果たしたのは、
オールドマスターズ、いわゆる古典派の作品たち。

とはいえ初期ルネサンス期以前のものはなく、
バロックの作品が特に目を引いた。


入り口に掛けられている《ロシア皇帝エカテリーナ2世》は
堂々たる威容で、権力の強さがサイズに置き換えられるという
古今東西を問わない人間共通の意識がうかがわれる。

(館内写真は一部のみOK)

P5190069_201705261318586f5.jpg 


縦もさることながら、
横幅がキャンバスの幅でカバーしきれないほど
分厚い衣装がはみ出ている。

国民を覆いつくすかのようなこの広がりは
これまで見た他の歴代王の肖像画等に比べ
すば抜けてダイナミック。
圧巻としか言いようがない。


さらに足が手前の第から少しだけ前に出ていて、
こちらにぐいと迫ってくる存在感を演出している。

毛皮の質感、黄金に輝く衣装の光沢感がよく出ている。


P5190077_20170526131859d34.jpg 


そしてぎっしりと宝石がつぎこまれた王冠。


P5190078_201705261319013a8.jpg


贅の限りを尽くした装束と
自信に満ちた表情、
そして縦横のこのスケール感。

すべてが権力のかたまりのような
ロシア女帝の姿だ。


そんな迫力ある絵の一方で、
私が一番引き寄せられたのは、この1枚。


フランシスコ・デ・スルバランの
《聖母マリアの少女時代》
P5190064.jpg 


マリアの幼い頃を描いた絵自体が少ないせいだろう
カタログで何度も見たことがある。

やっと実物に出会えました、という気持ち。

青い衣装で描かれることの多いマリアだが、
ここでは幼子らしく赤。

そして絵の中央、ヒザの上に置かれた布は、
純潔のしるしなのだろう、輝くように白い。

あどけない表情で天を仰ぎ見る。
少女の純粋さが静かに心を打つ。


そのほかクラーナハの逸品や
ルーベンス、ティツィアーノ、あるいはその工房の作品も。


展覧会の主題が緩いくくりなので、
好きな絵を見つけて、
その前でゆっくり過ごす、そんな鑑賞法が
合っていると思った。


 ====
http://hermitage2017.jp/
展覧会名:大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
会期:2017年3月18日(土)-6月18日(日)
休館日:5月15日(月)
開館時間:午前10時-午後8時(火曜日は午後5時まで、但し5/2は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階
2017.05.26 Fri | Art| 0 track backs,
大エルミタージュ展の聖ヒエロニムスと、ローマのカラヴァッジョ比較
森アーツセンターで開催中の大エルミタージュ展に行ってきた。

リベーラの聖ヒエロニムスの絵を見ていて
ある思いが頭から離れなかった。


カラヴァッジョの構図に影響を受けたのでは?と。


P5190058.jpg

「聖ヒエロニムスと天使」 1626年頃 フセペ・デ・リベーラ
エルミタージュ美術館


カラヴァッジョの絵はこちら。

P1160762_20170524231020f9f.jpg

「聖マタイと天使」1602年 ミケランジェロ・メリージ
サン・ルイ・デイ・フランチェージ教会(ローマ旅行にて)


左右の構図は逆だけど、
両方とも、肩ごしに天使を上目遣いに見つめる老人が
描かれている。


影響関係が本当にあったのかどうかはわからない。

でもリベーラが明暗法を追求していたことは明らかで、
となれば、明暗法の第一人者であるカラヴァッジョを
手本にしたとしても不思議ではない。


ただ、老人の皺の深さから伺われる人生の軌跡などは
カラヴァッジョの方が一枚上手、と感じた。


とはいえリベーラの老人のお腹あたりはかなりリアルで
思わず見入った。

そして隣にじっとりと潜むライオンの違和感がすごかった。


P5190060.jpg 


どちらの絵もドラマチックで
いかにもバロック的だ。


大エルミタージュ展ではオールドマスターズの作品がズラリ。

中にはフランスのル・ナン兄弟のようなレアな作家の作品も。
(以前ルーブル展で1枚来ていたけど
日本で見る機会はめったにない。
いわゆる風俗画の画家だ。)


 ====
http://hermitage2017.jp/
展覧会名:大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
会期:2017年3月18日(土)-6月18日(日)
休館日:5月15日(月)
開館時間:午前10時-午後8時(火曜日は午後5時まで、但し5/2は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階

2017.05.24 Wed | Art| 0 track backs,
モーニングエアロ
最近モーニングエアロを再開した。

風邪でダウンした期間が長く、
足ならしにモーニングから始めよう
といった軽い気持ちだったのだけど、
頭が働かないせいか、完璧な動きができず
フラストレーション。

でも1日が有効に使える気分がなかなかよい。

いつまで続くかわからないけど。


2017.05.24 Wed | Private| 0 track backs,
18世紀の画家が描いたリアルト橋を、実物と比べてみる
先日大エルミタージュ展に行ってきた。

リアルト橋を描いたミケーレ・マリエスキのノスタルジックな作品があり、
どこが実物と違うのか、思わず観光のときの写真と比較してみた。
以下のURLにて:

2017.05.22 Mon | Art| 0 track backs,
D夫人に再びでくわす話
わりとよく遭遇する芸能人、
私の場合はD夫人である。


昨日も店から出て店員さんにタクシーをつかまえてもらっている
D夫人(と、もれなく若い彼氏)の姿を目撃した。


場所は日曜の銀座。
18時ぐらいでそれほどごったがえしていなかったとはいえ
そこそこの雑踏のなか、
ほとんど気づかれることなくすいすいと車に乗り込んでいく。


見ていたのは私と3人組のおばさまたちのみ。
「今の、D夫人ですよね」とか念を押される。

「ええ、間違いありません。私これで
彼女に遭遇するのは3度目ですから。
それにいつも男性がエスコートしているのが特徴です」と私。

「あらー、相性がいいのね」、とおばさまたち。


代官山、六本木、銀座・・
どうやら私が好んで行くあたりが彼女のホームグラウンドらしい。


この日は若い男性を伴っていた。

代官山で見かけた時も。
その時は私がたまに足を運んでいたブランドショップで買い物をされていた。


六本木では私が行っていたジムの上の
ソシアルダンスのフロアに行くところだったようだ。

そのときはざんばら髪で、本当にD夫人だろうか?
といぶかしんだが、そばに近づいてみると
(というか私の行く方向に彼女がいたわけだけど)、
ソシアルのパートナーと思しき男性と話している
その声がまさにD夫人だった。


長い髪をセットせずにだらりんと下ろしていると、
かなり印象が違う。
でも、洋服が派手(真っ赤なカットソーとフレアスカート、胸元大胆)で、
あれ?と振り向かせるものがある。


昨日は真っ黄色のスーツコーディネート。
地味目であった。

髪の毛も綺麗にセットされていた。
威嚇的な感じはなく、やわらかい雰囲気に映った。


たった3回とはいえ
日々楽しそうに、やりたいことをやって生きてるオーラが出ていて、
TVで見るより健全的な印象だ。




2017.05.22 Mon | Private| 0 track backs,
旧古河庭園のバラフェスティバル夜間開館では建物がステキに浮かびます
都内9庭園共通パスを買ってからというもの、
花の開花をにらみながら、各所をめぐっている。

今の時期は北区西ヶ原にある旧古河庭園がおススメ。

バラが見事でほれぼれする。
しかも入園料は150円。
(私は関係ないけど)。


ほのかな香り漂う園内で、さあバラの写真を、と思ったものの、
まずは洋館に目が行った。

昼間よりも、ライティングのおかげで内部がよく見えるのだ。


P1870902.jpg



こちらの内部見学はかなり前からの事前申し込みのみなので
まだ入ったことはない。

しげしげ見たところ、直線使いの模様がモダン。
ジョサイア・コンドルの設計だ。


P1870904.jpg



アールデコかしら、と思ってチェックしたけれど、
特に出てはいなかった。
ただコンドルなのでアールデコということはなさそう。

清泉女子大(旧島津邸)は、イタリア・ルネサンス様式ではなかったか。
こちらはそれよりくだけた雰囲気で、
やはりモダンスタイルというのが似つかわしいか。


P1870900_20170520231236853.jpg



内部はかなりすっきりした様子。
白が基調のよう。


P1870905_20170520231240841.jpg



外壁のブロック使いもアクセントになっていて、
白いドアと寒色のコンビネーションで落ち着いた雰囲気。


P1870911.jpg



書斎か図書館らしき部屋。
こちらも平素は見た記憶がない。

P1870899.jpg



こちらから見ると、やはり出窓の部分がひときわアクセントになっている。

バラは建物を2方から囲むように植えられている。
種類が豊富で、嬉しいことにネームがそれぞれについている。


P1870898_2017052023123517b.jpg 


庭のバラのお話はまた後日。

関連記事
2017.05.20 Sat | Private| 0 track backs,
大学への手紙
先日プルーストの手稿について書いたけれど、
偉大な作家の手書き原稿からは
制作過程までしのばれて、貴重な研究対象だ。

だから手稿の研究だけでも膨大な論文が書けてしまう(らしい)。

何度もなおして、躊躇している様子が浮かび上がるかと思えば、
一気に書き上げている部分については、想いが強い様子もわかる。


プルーストの場合は膨大な推敲の原稿があって
それらが第何版といったかたちで時系列に整理できるため、
作中の人物が膨らんでいったケースと、
逆にしぼんでいったケースも克明にわかり
心境の変化もうかがえる。

でもそうした軌跡がも、いまやPCによる原稿で失われていく、、
なんとも寂しいこと、、
と常々口にしているのだけど、
今日、この画像を古いフォルダーからたまたま拝見してさらに思いを強くした。


大学の教務部に留学中の学生や教員から届いたはがきだ。
これは母校の展示で見かけたもの。


IMG_1009.jpg 


学校あてに手紙を書くなんて想像もしないけど、
留学=世話になった学校=手紙、という構図だろうか。

こういうのを保存している大学の方もすごいと思う。

下の2枚はローマからの絵葉書だろう、
古代の芸術品の絵柄を選ぶあたりなど、
そうしたものにじかに触れた本人の感動までもが伝わるよう。
2017.05.17 Wed | Private| 0 track backs,
頭部CT画像
今外付けのハードディスクに入っている
画像フォルダー一覧を見ていたら、
「頭部CT画像」なる
タイトルのフォルダーを発見。


嗚呼、そういえば夫は先日病院のフォロー検査で
CT画像の写真を撮らせてもらった
と話していたっけ。

夫がその画像をハードに保存したのだろう。


そのフォルダー、開けようかと思ったけど
もう夜だし、
夢に出てきそうなので止めておいた。


というか脳内に血液が充満してしまっていたときの
CT画像を病院で見せられたので、
その時の記憶がよみがえった。


さらに手術後、「こんなに血液が出てきましたよ」
と牛乳瓶みたいなのに入った血を
見せられた記憶もよみがえった。


コンタドール(血腫に倒れた自転車選手)の時は
もっとすさまじくひどい状況だったのだろうな
なんて思いつつ眺めていたのだった。

.
2017.05.16 Tue | Private| 0 track backs,
万葉集 柿本人麻呂のロマン
本日の午後は万葉集の授業が2コマほど。

高校時代、古文は大好きだったので。

飛鳥、と書いてアスカと読むそのわけは、
”飛ぶ鳥の明日香”、といったふうに、飛ぶ鳥のという枕詞がそのまま
読みになったのだとか。

そして飛ぶ鳥というのは
豊かな様子を表したそう。

鳥がたくさん飛んでいる=餌がたっぷりある=
自然に恵まれている、、、という発想らしい。


この万葉集シリーズは何回も取っているので
持統天皇の吉野行幸が31回もあったことは知っていたけど、
その理由の考察が毎回異なって面白い。

臣下をねぎらい、民に施しをするため
といった意味合いがあるとか、
中国の儒教思想が盛り込まれているとか、
儀礼だったとか。


それにしても31回というのは破格で
そこまで執心した理由はやっぱりわからない。


絵画にも 行幸図があって、
あれを見る限り、相当数の家来をひきつれて、
きらびやかな輿を手配して、
さぞかしお金もかかったはず。

持統天皇の治世は、よほど豊かで
平和でリッチだったのだろう。


そしてこの授業を受けるたびに想うこと:

柿本人麻呂などは
政治家や天皇でもないのに、
そして膨大な記録が可能なネットという文明の利器がある時代でもないのに
詠んだ歌だけで延々と後世にその名が残っている、
すごいロマンだなぁ。
2017.05.15 Mon | Private| 0 track backs,
血圧計
夫が散歩中、花壇のレンガに足を取られて真後ろに頭を打って
入院・手術して以来、血圧を測るようになった。

当初会社やジムで測っていたものの
結局購入することに。

最近では日課となっている。

つられて私も計測をするようになり、
気が付いた。

時間を決めて測っても、相当乱高下する。


ジムから帰った夜は、一般に低め。

でもそうでないときは、なにかの拍子で
どかーんと上がる。
(高血圧領域そばにまで。)


運動がいいのかもしれないけど、
その法則性は完全にはつかめない。

ポンプ役を担うというふくらはぎのマッサージ前と後で
測って比べてみようかと思う。


2017.05.13 Sat | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill