日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
サンタ・サビーナ教会の木製扉の絵を読み解く
作家の辻邦生さんの遺品、遺稿の数々が、
今学習院大学に収められている。

作家活動をされながらも同大学で教鞭をとられた辻さん。
これらの遺品は寄贈品というかたちで大学が譲り受けたようだ。


そんなわけで定期的に学習院大史料館では
辻邦生氏の展覧会が開催されている。

大規模ではないけれど、
作家が構想を得てそれを文字に移すための綿密な
計画帖とでも言うべきものや
行く先々での日記などであふれている。

それらはいずれも細密な文字でぎっしり埋められていて、
気の遠くなるような丹念な準備を経て、
膨大な覚書が作品へと結実していくさまが浮かび上がる。


これまで史料館には何度か足を運んだのだけれど、
先日の展覧会では、妻佐保子さんに関する資料も並んでいた。
氏に多大な影響を与えたことがうかがわれる。


佐保子さんは東大で西洋美術を学ばれ、
イタリア美術方面などで活躍している名だたる学者さんを
指導したこともあるほどの人物だ。


彼女のことを調べるうちに、いくつもの著書があり、
但しそれらは小説ではなく研究論文の類がメインで、
中央公論社からは
『ローマ サンタ・サビーナ教会木彫扉の研究』という
調査報告が出版されていることを知った。


ローマ サンタ・サビーナ教会の木彫扉!
2013年のローマ旅行の折りに私が一心不乱にその意味を読み解こうとした
あの木彫扉について、佐保子さんが研究されていたのだ。


P1340106.jpg


4万円もするその本を買うのは無理にしても、
図書館で読んでみたい、そう思ったらいても立ってもいられず、
都立中央図書館で資料請求をして手にした。


ずっしりと重い巨大な本だった。

このサンタ・サビーナ教会はローマにあってちょっと異色の教会だ。

古代ローマ時代でもなく、ルネサンス時代でもない。
その中間ともいえる初期キリスト教の建物なのだ。

古代遺跡に食傷気味になったとき、
ちょっと気分転換するのにちょうどいい。


この木彫扉の浮彫は明らかに聖書のシーンを再現している。
聖書の順番通りではないため絵を読み解くのは一苦労なのだけど、
例えばこの図柄、キリストの道行きなどは
一目瞭然。

拿捕されて十字架を手に連行される様子が描かれる。


P1340111.jpg 


こちらも連行されるキリストだ。

P1340112.jpg 


その他、東方三博士の図はわかりやすかった。
しかしその他の図は、よくわからない。

特に上方は暗くて降参だった。
けれどこのほど佐保子さんのご著書を読んで、なるほど、と理解した。

例えばこちらはモーセの召命。

上の段が神から巻物を受け取るモーセ、
サンダルを脱ぐモーセ。
羊飼いとしてのモーセ。

P1340113.jpg 


モーセと羊を描く図柄は、ラヴェンナの同時期の
モザイクなどでも見られるという。

私がかつて見たサンヴィターレ教会のモザイクにも、
モーセ+羊のモチーフが描かれている、
そんな一文を見つけ、旅行時の写真を改めて見てみた。

ああ、あった、これだ。
こちらの右側に

P1a670764.jpg 

羊とモーセ。
クーポラの絵の方をメインに撮った写真なので
隅っこに追いやられている。

もっときちんと写真に収めたかった。残念。

P1670764.jpg



木彫扉に戻って、こちらはエリアの昇天。
マリアではなくエリア。
天をめざす女性がいきいきと描かれる。

P1340114.jpg 


同書では、木彫の物語を読み解くだけでなく、
イタリア国内の他の制作例との比較を試みるなど
膨大な研究が基礎になっている。

修復箇所の特定や、
アットランダムになっているパネルの位置に関する
考察も含まれている。

500ページ以上の力作だ。
私は飛ばし読みしたに過ぎないのだけど、
あの時見たあの木製扉を考察した日本人がいた、
しかも心酔する辻邦生さんの奥様が、、

そんな事実に、ちょっと自分で酔いしれている。


P1340116.jpg 
2017.08.15 Tue | Private| 0 track backs,
本当においしいグローブ デュ モンド (GLOBE DU MONDE)市ヶ谷
市ヶ谷に、評判のビストロがある。
知人によると、夕方の情報番組にも登場したそうだ。

ただ難点はスペースが狭いので、予約必須。
さらに予約は11:30か13時の2部制なのだとか。

飯田橋・神楽坂・牛込・市ヶ谷・・
この界隈は、ランチ激戦区だ。
そんな中でも特に味に定評があって、千客万来というのは
なかなか期待が持てる。
いつか行ってみたいと思っていた。

そしてついに先日、念願の入店。
無欲の勝利とでも言うべきか。

市ヶ谷であれこれ掛け持ちで所要をこなしていたら、
丁度13時。
ふと思い立って行ってみた。

「予約なしなのですが」、と言うと、カウンターならOKと。
2席分空いていた。

日替わりのお魚グリルを注文。
下にたっぷり温野菜が敷かれているので、
サラダが別途なくても栄養バランスは大丈夫。

なにしろただの?ブロッコリーでも、
もう なにこの絶妙な塩加減、バターの風味!
と感激するほど味付けがよい。

ブロッコリーでここまで人をうならせる腕前のシェフは、
結構気難しそうな雰囲気をまとっているが、
私の隣にいた常連さんとは気軽におしゃべりしていた。

「たまにはよそにランチに行ったら?」なんて余裕で笑いながら話しかけていた。
お隣のサラリーマン、とにかくここのファンらしく、
通い詰めている模様。
奥のカウンター席が彼の特等席なのだろう。

その人はフルのセットランチだったけど、
私はメイン、デザート、ドリンクのお手軽1150円のプリフィクス。
カウンター席だったので、格上メニューでなくてもいいや、
と思ったもので。

これでも十分満足だった。


IMG_6338_20170814231359184.jpg


ドリンクのほか、(何が出てくるかわからない)プチデザートもついてくる。
私はたまたま洋ナシのケーキだった。


IMG_6339_2017081423140135b.jpg 


上述のとおりこの周辺は食レベルの高い一帯なので
コスパだけなら他にもいろいろ選択肢はある。

けれど、ひとりで厨房を切り盛りするおやじさんが
気合と魂を込めて作ったフレンチには、リピートを誓わせる
力強さがある。

次回はぜひ、1650円メニューにトライしよう。
前菜がプラスでついていて、メニューのチョイスが多く、
デザートも豪華だった。


2017.08.14 Mon | Gourmet| 0 track backs,
読書はかどる・胃腸がだめだめの後少し上向き・乱高下中の血圧はいい感じ
頭痛は午前中には収まった。
ただ、鼻風邪症状は元の木阿弥状態で、
これまで以上に胃腸の調子がだめだめだ。

昨日とは打って変わって食欲なし、
なんとなく胃が張っていて、
かすかに痛みもある。

じっと読書をしたり、ミステリードラマを見るなどして過ごしたのだけど、
それはそれで体に悪そうというわけで、
夕方、散歩へ。


歩き出したら気持ちが悪い、
というか胃のすわりが悪い感じ。

冴えない面持ちでちょっとふらつきながらも遠出をして、
デパ地下で買った果物を夫に持ち帰ってもらい、
私はそこからジムへ。

といっても動く気はしないので、シャワーを浴びるだけ。
結構歩いたので気持ちがいい。
なによりここのシャワーヘッドは巨大で、爽快なのだ。

20㎝x20㎝ぐらいの固定型滝シャワーもある。
水分補給をして、温まったら、
胃腸の調子が心なしかよくなった。

帰宅後に、血圧測定。
101上・60下。

いい感じなのだけど、
でもこれがなぁ、私の場合乱高下なのだ。

ここ1週間で4回測定し、135上・80近辺のかなり高めの数値が2回。
かと思えば98上・57が1回。そして今回の数値。

いつも大体同じ時間に測っている。
結構高めの130超というのは、寝込んでいたせいかな。



2017.08.14 Mon | Private| 0 track backs,
一進一退で、今日は退の日
風邪、リニアによくならないのが私。

起きたら鼻かぜ悪化。と頭痛。

半袖で寝たら冷えてしまった。
今日は涼しかったのでクーラーはつけなかったのだけど。

身体が重いので、とりあえず、じっと読書でもすることに。

2017.08.13 Sun | Private| 0 track backs,
1時間散歩でリハビリ
熱も下がり、食欲も大体元に戻り、
リハビリに散歩に出かけた。

しかし5分で息切れ。
少しだけ上り坂だった。

先が思いやられるなぁ、と思いつつも
平坦になったらなんとか足運びもスムーズになる。

片道20分のファッションビルに行き、
地下の食品コーナーで果物を買った後、迂回して戻ってきた。


これっぽっちの散歩だというのには早歩きができない。
かなりのスローペースでなんとか帰宅。

体力が落ちるこの速さ・怖さ。
ジムのトレーニング系プログラムに戻るには、少々時間がかかりそう。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
ハイテンションな朝
結局、風邪の初期症状に戻っただけなんだけど、
寝込むしかなかった苦しい3日を経て、
幸せレベルが引きさがってるから
妙にハイテンションな私。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
お腹が空いた!
病気で何がつらいって、床づれだ。
以前入院した時もそうだった。

からだがゴワゴワ。
想像以上にこれがこたえる。

ただ、嬉しいことに今朝は空腹感を覚え、
起き出してせっせとゼリーとロールケーキを
口にした。

喉の違和感は残っているしまだだるいけど、
でも力が湧いてきた気がする。
嬉しい。

幸せ度のハードルがどんどん下がっている。
2017.08.12 Sat | Private| 0 track backs,
風邪悪化
丸々2日寝ても悪化する風邪って一体?

熱は38度台からは脱出したものの、
逆に頭痛とだるさと食欲減退が襲ってきた。

昨日まで胃腸はOKだったのだけど、
食べられなくなり、飴でしのいでいる。

情けないなぁ。

2017.08.11 Fri | Private| 0 track backs,
夏風邪でダウン
8月9,10,11と夏休みで中国四国地方に行く予定だった。
でも直前でキャンセルした。

天気予報が35度で、炎天下を歩くのはためらわれたので。

キャンセルして正解だった。
どのみち行くことは叶わなかった。

夏風邪でダウンしたのだ。
ふがいない。
春先も長期ダウンしたばかり。

気温37度の東京。
熱は38度以上。
寒気がする。
クーラーをつけたら風が悪化しそうでつけられない。

結果、クーラーをつけず、暑い室内でひたすら寝た。

熱中症がこわくて一応水分はこまめにとった。

普通ならあんな暑い室内で寝るなんて無理だけど、
悪寒のせいか、それほど暑さを感じない。

こんなときに風邪なんて初めて。
多分、歯列矯正がいけないのでは、と思う。

器具を手で外すときに、ばい菌が侵入しやすい。

手はきれいに洗うようにしているけど、
先日歯医者の待合室でいつも絶対手に取らない雑誌を手に取ってしまった。
待ち時間が結構あったので。

で、診察室内に案内されるとき、手を洗うのを失念。
器具の取り外しを行い、口の中に何度となく手を入れた。

思えばあの時、菌が入ったかな、などと後悔している。
2017.08.10 Thu | Private| 0 track backs,
Expediaが止まらない
某ホテル価格比較サイトで一番安かったからと
Expedia経由で宿泊予約をしたけどトリックがわかり
すぐにキャンセルした、というあの件。

まいったなぁ、という状況になっている。
予約したホテルの価格が少しでも下がるたびに
メールでお知らせが来る。

配信停止はこちらから、
と書かれているのですぐにそれをしたものの、
10分とあかないうちにまた同様のお知らせが。

配信停止の指示とのタイムラグのせいかと思っていたら
結局難度配信停止をしても、しつこく案内が来ることが判明。

会員自体を取りやめようとネットで調べたら、
できそうでできないようになっているとのこと。

予約したのにホテルが確保できていなかった、★
満室なのに予約できるようになっている、★
(友人のケースだけど)朝食付きと謳われて行ったら付いていなかった
(交渉してもだめ)
などなど、かつて問題があって懲りたけど、
時間も経ったので、もう大丈夫かと思って油断した。

そもそも配信停止とかになると
急に指示が英語になる点もいやらしい。


上記★の事案がおきたのはずいぶん前の事。
あのときはExpediaの会員制度はなかったので
しつこくセールスDMがくることはなかったけど、
最近は予約を入れた途端、自動的に会員になり、
セールスの呪縛から逃れられなくなる模様。

懲りた、懲りた。

2017.08.09 Wed | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill