日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
目黒川、今が見ごろの早咲き桜はココ
■ まだ咲いてない、と諦める前に! 15分歩けば満開のしだれ桜あり


今年は桜の開花宣言から満開まで手間取っている。

まだ早いと知りつつも、待ちきれない花見客たちは
目黒川にやってきては落胆して帰っていく。

目黒川沿いに満開の桜があることを知らずに。。。

既に先の週末、一気に咲いた木がある。
ソメイヨシノではなく、しだれ桜ではあるけれど。


IMG_9937.jpg 



中目黒でなく目黒駅から目黒川にアプローチすればすぐに出くわす。
だがしかし、人はみな、中目黒を目指すので、この光景を見られずに帰ることになる。

いや、15分歩けば見られるのだけど、
群衆が流れる方向とは逆方面なのだ。

IMG_9936.jpg



背景に映っているのは目黒雅叙園。
(注:4月1日からリブランディングで、「ホテル雅叙園東京」に名称変更する)。


IMG_9927.jpg


正確な場所はこちら。
目黒川に架かるたいこ橋から雅叙園を見ると、この角度。

IMG_9925.jpg


この地点で今見られるしだれはこれ1本だけなので
わざわざこれだけを目当てに行く価値はないと思う。

でも、2分咲きぐらいを期待して付近まで来てしまい、
ほとんど開花しておらず落胆したむきは、
こちらに足を伸ばすのがいいかと思う。

ただし、しだれ桜はあっという間に終わってしまうので、ご注意を。
ソメイヨシノが咲くころにはすっかり散っているはず。


2017.03.28 Tue | 国内探索| 0 track backs,
ブロッコリーの上手な(べしゃっとならない)ゆで方
外食で出されるブロッコリーのように
シャキッとしたゆで方はないものか、試行錯誤してきた。


蒸すのが一番コリコリ感を保持できるので最適と思ったけれど、
芯が残ってしまい、茎部分を柔らかくしつつ
芽の部分はしっかり、とはなかなかならない。


そんな矢先、
なるほど、と思わせる調理法を見つけた。

なにしろ現在我が家の冷蔵庫にはブロッコリーが3つ(*)。
なんとかうまく処理したい。

(* 昨今ブロッコリーもやっと値下がりして、
400円などという狂気の沙汰としか思えないような値段から開放された。
栄養がいかにもありそうなので、常備野菜になっている。
日増しに安くなり、嬉しくなってつい買っているうちに、、つい3つ、、
というのが今の我が家の状態。)


参照したのは女優・水野真紀さんのお料理日記。

この水野さん、コルドンブルーで修行したこともあるほど料理上手なので、
期待していたけど、いやはや、すごい!さすが!
下手な料理本より役立ちそう。


ざっくりした内容は:


水は1.5㎝。ほとんど蒸す格好で、
細かいつぼみが水浸しにならないようにするのがコツ。
とはいっても絶対寝てしまってぐしょっとなるよなぁーと思いきや、
鍋の中で垂直に立つようにして切るから
茎部分にしか水は行かないし、その茎部分は
十字に包丁を入れているのできちんと火は通る。


さっそくこの↓ 方法でやってみよう。
http://ameblo.jp/mizuno-maki/entry-12258896457.html



ちなみに:
先日来アート系のブログをFC2 Diaryと切り離し、
アメブロの方につづっているのだけれど、
アメブロというのは例によって芸能人オンパレードのブログである。

女優や俳優のブログを読む習性がない私。
アメブロには一切興味がなかったのだけど、
これだけ一流芸能人が利用していたら、絶対つぶれることはあるまい、
と思い立ち、利用してみたのだった。


いざ使ってみると、
管理画面に芸能人がアップした記事の一覧が出てきて
普段は無視するものの、たまにつられて開けたりする。


今日の水野さんのブログもそんな事例がひとつなのだった。


2017.03.27 Mon | Gourmet| 0 track backs,
築地魚河岸がおしゃれ
えっ?これが築地市場?

このしゃれな空間が?

IMG_9909.jpg
 

・・・と思わず目をむくほど、そこは別空間だった。


去年暮れに築地市場を訪れ、
新しい施設ができたのは知っていた。


築地市場が豊洲へ移転した後、一部機能を残すためにつくられた施設で、
その名も、築地魚河岸。


1Fには築地市場さながらに、生鮮品が販売されている。
3Fはフードコートのようなつくりで、
魚定食、喫茶、カレーが食べられる。

でも、中をチラリと覗いた限り、
至って庶民的な雰囲気に思われた。

昨日、3Fの渡り廊下に出るまでは。


そう、3Fの店の先は屋外の渡り廊下になっている。
渡って降りると築地市場内に抜けられる。

渡り廊下の途中にあったのが
上の写真のこじゃれた空間だ。

下で食料を買い込み、こちらで食べるカップルあり。
日向ぼっこ組もいる。

余り知られていないせいか、
土曜の昼過ぎでもテーブルは全部埋まってはいなかった。

これはなかなか使えるスペースではないか?

上から市場の様子を眺めるもよし、

付近のお寿司屋さんが満員だったとき、
ランチを持ち込んで食べるもよし。


事実、この日入ろうとしたお寿司屋さんは
13時45分でもまだ大行列。

15時から用事があったので
やむなく築地魚河岸3Fのフードコートで妥協した。


人気すし店でおまかせ寿司、、のはずが1000円の海鮮丼とあいなった。
その前の予定が押してしまい
築地到着が遅くなったので仕方ない。


IMG_3477.jpg 


リベンジはまた今度!

2017.03.26 Sun | Private| 0 track backs,
日比谷公園の早咲きソメイヨシノ
3月25日の土曜日、フラワーハントに出かけた。

フラワーといってももちろん今回は集中的に桜。

皇居東御苑、目黒川はまだほとんど咲いておらず、
目黒川では、一部の場所だけで見られるしだれ桜の方が先行して咲いていた。

東御苑の後は、日比谷の出光美術館で夫と待ち合わせをしたので、
時間つぶしに日比谷公園に行ってみた。

するとー

IMG_9876.jpg 



7分咲きといった程度の桜が視界に入ってきた。
ソメイヨシノに似ているが、これは早すぎる。
まさか、ソメイヨシノのそっくりさんの交配種とか?
果たして品種は?


IMG_9874.jpg


残念ながら、ネームタグはなく、近くで写真を撮っていたおじさんに聞いてみる。

「この木、まさかソメイヨシノではないですよねぇ?」

すると驚いたことにソメイヨシノに他ならないという返事。
TV番組で都内の早咲きソメイヨシノとしてフィーチャーされていたそうなので
間違いないようだ。

まだ0.1分咲きの目黒川に人々はすでに大挙して訪れる中、
これを目指して鑑賞にきた人はこのおじさんぐらい。

あとはベンチで桜に背を向けて談笑するか、
偶然通りかかって、おお、と携帯を向ける人。

いたって静かな土曜の昼時風景。


IMG_9864.jpg


そばのテニスコート脇では菜の花が満開。
さらに、ヒガンザクラ系の木々が見ごろを迎えていた。

IMG_9852.jpg 



そのヒガンザクラ系の中でも、
東御苑のコシノジュンコ、、じゃなくて
コシヒカリ、、、でもなくて
コシノヒガンの方は今真っ盛り。


ソメイヨシノより軽やかで、
ややひ弱な感じがあり、カンザクラの血筋も入っている印象。

でも、他の木々がまだ芽吹いたばかりの状況では、
中央広場の主役の地位を確固と築き、
外人さんを中心に、多くの人が群がっていた。

下の写真では人がいないように見えるけど、
それは脇方向から撮ったせい。

正面サイドは人が多く、
この角度、穴場!とほくそ笑んだのだった。


IMG_9777.jpg 


北の丸公園に入る入り口付近は
色鮮やかな別品種の桜。
おかめ桜だろうか?
縦に起立しつつ咲く花なので、街路樹にはもってこいだ。


IMG_9755.jpg


もうすぐしたら、これらの花はどっと影が薄くなる。
ソメイヨシノが、そのダントツの本数と、放射線状に枝はを伸ばす存在感で
他を圧倒する。

地味な花たちよ、今のうちに咲いておきなさい、
という天のお告げを聞いたどうかは知らないが、
慌てるように、東御苑では花桃が咲き始めていた。


IMG_9807.jpg 
2017.03.26 Sun | Private| 0 track backs,
大隅良典先生のノーベル賞メダル(レプリカ)展示
2016年ノーベル生理学・医学賞を授賞された大隅良典先生のメダル・レプリカが
現在東工大大・大岡山キャンパスで展示されている。

東工大・大岡山キャンパスは桜の名所としても知られ、
ご近所の方たちがよく訪れている。

花見ついでにお勧めだ。
ただし平日限定。

夫が仕事がらみで偶然訪れたそうで、
私は実は見ていない。


IMG_3428.jpg 



レプリカかぁ、とおっしゃるむきもあるかもしれないが、
サイトによると
これはノーベル財団に認定された公式レプリカ。
同財団が限定3個で製作したもののひとつだそう。

やはり「見せてー」と群がる人がいるだろうという配慮なのか。
なんとも親切なノーベル財団。


IMG_3435.jpg 



独特の字体でつづられた賞状。
Nobelprisと書かれているけど、これがスウェーデン語の
ノーベル賞に相当するのだろう。


IMG_3433.jpg 



4月4日まで。


2017.03.24 Fri | Private| 0 track backs,
桜のマンホール
桜の季節になり、ふと足元を見ると、
桜模様のマンホールが結構あるものだ、
と気づく。

しかもどこでも、というわけでもなく
上野付近であったり、

IMG_9476.jpg 


桜咲く庭園のそばであったり。

IMG_9598.jpg 


東京都は、それぞれ町の特色ごとに
こうしてトレードマークを入れ、
さらに同じ桜でも模様を変えるなどという考慮をしているのだろうか?


もちろん東京都のイチョウマークも
もれなくついていて、
それぞれ模様に合わせて
意匠的に配されているから驚き!



2017.03.24 Fri | Private| 0 track backs,
六義園のしだれ桜 ライトアップ 
 満開にはほど遠いけど、年間パスを購入したので再訪自由で悔いなし!


文京区・六義園のしだれ桜は3月25日が見ごろと予想されているけれど、
22日に行ってきた。

この時期、夜はライトアップされ、特別に21時まで開園している。
(入園は20:30まで)

まだほんの咲き始めというのは知っていたが、
行けるときに行かねば、というわけだ。

到着は20時過ぎ。


ここのしだれは立派で、
開花していなくても雰囲気がいい。

開花しているのは下方の一部のみ。
ただつぼみも色づいているので、遠目でもピンク色に染まっている。


IMG_9502.jpg 


間近だと、こんな感じ。

IMG_9510.jpg 


夜だからこその、ポイントもある。

ささやかだけどプロジェクションマッピング。

近くから、上空から、様々な角度で桜を中心とした六義園の一帯を
映し出していた。

IMG_9519.jpg 



こちらの向きから眺めると、桜とプロジェクションマッピングが
同時に目に入ってなかなかいいムード。

売店もオープンしており、腰かけて軽食をとるカップルも。


IMG_9535.jpg


まだ1分咲きともいえないぐらいなので
訪れる人はまばら。
その静けさがなかなかよい。


一分咲き未満程度で15分ほどしだれ桜だけを見て帰る、
それでわざわざ駒込まで行く価値があるか?

そんな疑問にとらわれないように、と
年間パスを購入した。


ちょっと気軽に見て帰ってくるのに年間パスは適している。
とはいえ元がとれるかどうかわからない。

なにしろ入園料はわずか300円。
年パスは4000円。

いや正確には六義園だけの年パスは1200円。
でもせっかくなら、と9カ所の東京都庭園すべてに有効なパスにした。

中には入園料150円という場所もあるので、
元がとれる気はしないけど、
今日みたいにあまり咲いてなくてもふらり行ってみようか、
という気になるのがよい。

****


期間 平成29年3月16日(木)~4月2日(日)
    9時~21時(最終入園20時30分)

(1)ライトアップ  日没~21時
(2)さくら茶屋(軽飲食やお土産などの販売)
   場所 けやき広場
(3)抹茶茶屋(抹茶と和菓子のセット)
 【吹上茶屋】9時~20時30分(ラストオーダー20時)
 【心泉亭】平日 12時~20時(ラストオーダー19時30分)
       土日祝 10時30分~20時(ラストオーダー19時30分)




2017.03.22 Wed | Private| 0 track backs,
パリのワイン食堂 ディナー編
プリフィクスディナーで前菜+メイン+デザートが豊富に選べて
¥2980(税別)という驚くべき良心的なお店パリのワイン食堂。

最初に教えてもらってから気に入って何度か訪問。
でもまたきっと近いうちに再訪する予感。

なにしろ先日行った時のお料理のチョイスが超気に入ってしまった。


まずはパン。
こちらは全てに付いてくる。

IMG_8915.jpg 


ドリンクはフランスっぽくパナシェにした。
ビール+レモネードのスイートなお味。

IMG_8918.jpg



前菜はグランドメニューにある
”オホーツク産 ズワイガニとアボカドのディル風味 ガトー仕立て
クーリ・ド・トマトでさっぱり召し上がれ!”

本当にトマトの酸味がさっぱりしていて食欲をそそる味!


 IMG_8919.jpg



友人は国産 鶏の白レバーペースト。
おすそ分け頂いたのだけど、癖や嫌味のないまろやかな味。

IMG_8920.jpg 



メインは2人とも

”本日の鮮魚のポワレ 桜エビ・ハマグリと春キャベツのナージュ仕立て”。

菜の花が載っていて春の香り。
お魚は失念したけど脂がのっていて、でもあっさりしていて
スープとの相性抜群。

だしがきいていて最後の一滴まで頂きました。

IMG_8921.jpg 



それでもってデザートがしっかりついているのが
スイート好きにはたまらない。

ミルフィーユをチョイス。
裏切らない味。

IMG_8923.jpg 



これにコーヒーをつけてもう完璧。

選択した品々すべてに満足。
邂逅を温められた機会にも満足。

オザミ系列のビストロに近頃ハマっている私なのだった。
2017.03.21 Tue | Private| 0 track backs,
北沢緑道 代田~代沢付近
IMG_3334.jpg
--世田谷区の北沢緑道は、
季節ごとに様々な花が
楽しめるだけでなく
鷺や鴨、鯉が住むせせらぎもある。

陽気に誘われて、
ぶらぶらと下北沢まで歩いてきた。

まずは246側からスタート。
--
IMG_3330.jpg--菜の花が咲き乱れ
--
IMG_3338.jpg--澄み切ったせせらぎでは
鯉がのんきに泳いでいたり、
--
IMG_3372.jpg--純白の鷺が凛々しく立ち尽くし、
--
IMG_3323.jpg--水鳥は花を食べていた。

いやはやのどか。
--
IMG_3375.jpg--さて桜は、といえば、
あれ?咲いている?

と思いきや、ソメイヨシノではない。


小松乙女などという聞き慣れない品種。

色がやや白っぽい。

--
IMG_9348.jpg--こちらはオカメザクラ。

満開だ。


桜、と名乗りつつも、

ややワイルドな雰囲気をまとう。

--
IMG_3357.jpg--ソメイヨシノはもう一息。
開花しているものはなく。

靖国神社の桜は3つほど
ほころびたらしいけど、

千代田区の方が世田谷区より
気温が高いのか?
--
IMG_9337.jpg--下水道口。
こんなものまで桜の模様。



--
IMG_9338.jpg--花を鳥を大事にしている世田谷区。

心地よい散歩タイム。
やがて下北沢に到着。


明大前経由京王線でお出かけ。
お散歩はアペリティフなのだった。

--
2017.03.20 Mon | Private| 0 track backs,
目黒川 桜開花状況 2017年3月19日 開花第一号見つけた!
東京の桜開花予想は3月23日なのだとか。

あと4日あまりだけれど、
待ちきれずにほころび始める桜もあるのでは?

などと庭園美術館に行くついでに、探検してみた。

粘った甲斐あって(?)ありました、ありました。
完全につぼみから脱却して開いた花びらが。


IMG_3182.jpg 


上記のように本当に開いた花は他には見かけなかったけれど、
つぼみがかなりピンクに染まっているものは多々あった。

やはり日当たりのいい場所ばかり。
これらは目黒雅叙園より少々中目黒寄りの川沿い。

枝から出ている花よりも、
幹に直接宿っている花の方が概して開花が早いみたい。


IMG_3132.jpg 



枝についているつぼみはまだほんのりピンクといった感じ。
でも、うずうずしているのがうかがわれる。

明日も18度ぐらいの予想なので、一気に進む予感。

IMG_3147_201703192300213ba.jpg


これからは畳みかけるような勢いで
日増しに桜色が広がることだろう。


2017.03.19 Sun | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill